艦これ御朱印帳

艦内神社の御朱印を集める

休艦日その63 予科練平和記念館 / 雄翔館(茨城県稲敷郡) ———— 2018年 2月12日

霞ヶ浦海軍航空隊 霞ヶ浦海軍航空隊(かすみがうら かいぐんこうくうたい)とは、1922年(大正11年)大日本帝国海軍で3番目に設立され、1945年(昭和20年)の終戦まで存続した航空部隊。航空隊要員の操縦教育を担当した。 1920年(大正9年)から整地・湖岸の…

休艦日その62 筑波海軍航空隊記念館(茨城県笠間市) ———— 2018年 2月12日

筑波海軍航空隊 筑波海軍航空隊(つくばかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。戦闘機専修搭乗員の教育を推進するため、戦闘機に搭乗するまでの実機練習を推進した。しかし絶対国防圏策定後の昭和19年以降は防空実施部隊となった。末期には特別攻…

休艦日その61 茨城県護国神社(茨城県水戸市) ———— 2018年 2月11日

茨城県護国神社 茨城県護国神社(いばらきけんごこくじんじゃ)は茨城県水戸市の偕楽園桜山にある神社(護国神社)。茨城県下の戦没者を祀る。神紋は丸に桜紋。 敗戦後、護国神社は軍国主義施設と見なされ、存続を図るために改称を余儀なくされた。茨城県護…

第65隻目 軽巡洋艦・那珂(茨城県大洗市 大洗磯前神社) ———— 2018年 2月11日

那珂 (軽巡洋艦) 那珂(なか)は、日本海軍の軽巡洋艦。川内型軽巡洋艦の3番艦。艦名は栃木県、茨城県を流れる那珂川に因んで命名された。艦内神社は大洗磯前神社からの分祀。進水絵葉書には那珂川と筑波山が描かれた。 太平洋戦争序盤は第四水雷戦隊旗艦と…

第64隻目 練習巡洋艦・鹿嶋(茨城県鹿島市 鹿島神宮) ———— 2018年 2月11日

鹿島 (練習巡洋艦) 鹿島(かしま)は、日本海軍の練習巡洋艦。香取型練習巡洋艦の2番艦。艦名は茨城県の鹿島神宮に由来する。 日本海軍は士官候補生の遠洋航海に旧式となった装甲巡洋艦磐手、出雲等を用いていたが、機関は石炭燃焼であり、さらに昭和に入り…

休艦日その60 桜花公園(茨城県鹿嶋市) ———— 2018年 2月11日

谷田部海軍航空隊 谷田部海軍航空隊(やたべかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。搭乗員の初歩練習を推進するため、訓練を推進した。しかし昭和19年12月に要員を総入れ替えし、昭和19年2月15日に開かれた神ノ池海軍航空隊(こうのいけかいぐん…

第63隻目 練習巡洋艦・香取(千葉県香取市 香取神宮) ———— 2018年 2月11日

香取 (練習巡洋艦) 香取(かとり)は、日本海軍の練習巡洋艦。 香取型練習巡洋艦の1番艦である。 大正期から士官候補生の遠洋航海には日露戦争で活躍した装甲巡洋艦が使用されていたが、他艦種への転用や艦自体の老朽化などで1935年(昭和10年)頃には使える艦…

休艦日その59 広末壕跡(福岡県築城町) / 中山記念公園忠霊塔(福岡県行橋市) / 築城海軍航空隊無名勇士之墓(福岡県築城町) ———— 2018年 1月3日

広末壕 築城基地は昭和14年に建設され、17年に「築城海軍航空隊」が創設されました。基地周辺には今も掩体壕、通信所の壕、貯水施設などが残っています。広末の壕跡は本道 250m、脇道の洞穴15ケ所、全長1,2 ㎞もある大規模な弾薬倉庫の壕跡です。(築上町歴…

休艦日その58 稲童1号掩体壕・稲童地下通信指令部壕(福岡県行橋市) / 赤幡壕跡(福岡県築城町) ———— 2018年 1月3日

築城海軍航空隊 築城海軍航空隊(ついきかいぐんこうくうたい)および昭和19年2月20日に改称した第五五三海軍航空隊(だい553かいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。戦闘機の搭乗員の教育を推進するため、生徒・学生・練習生への実機練習を推進し…

休艦日その57 佐世保要塞 高後崎砲台跡地 ———— 2018年 1月2日

高後崎砲台 高後崎砲台は、長崎県佐世保市にあった大日本帝国陸軍の要塞。佐世保要塞の一部として建造された。 1897年(明治30年)9月着工、1898年(明治31年)12月竣工。 藪に埋もれた遺構が残る。(廃墟検索地図より) とりあえず快晴! という訳で、今日…

休艦日その56 三度び東郷神社(福岡県福津市) ———— 2018年 1月1日

あけましておめでとうございます! まだまだ寒さが続いておりますが、皆様お元気でいらっしゃいますか? 今年も日本全国頑張って周る所存です、どうか宜しくお願い致します! そんな訳で今年も例年通りの初詣、東郷神社へ行って参りました。 昔はGパンに普通…

休艦日その55 第21海軍航空廠跡地(長崎県大村市) ———— 2017年 12月23日

大村海軍航空隊 大村海軍航空隊(おおむらかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。搭乗員の訓練を目的に、あらゆる機種の訓練を推進した。昭和19年後半頃より、戦闘機隊教官を中心に防空任務を担当するようになり、成都を基地とするB-29戦略爆撃機…

休艦日その54 三菱重工 長崎造船所資料館 ———— 2017年 12月23日

三菱重工業長崎造船所 三菱重工業長崎造船所(みつびしじゅうこうぎょう ながさきぞうせんじょ)は、長崎県長崎市と諫早市にある三菱重工業の造船所・工場。正式名称は三菱重工業株式会社長崎造船所。略称長船(ながせん)。長崎造船所のうち、小菅修船場跡…

休艦日その53 釜墓地 / 崎戸島特設見張所聴音所 ———— 2017年 12月17日

釜墓地 太平洋戦争が終結し、海外からの最終引揚船「ぼごだ丸」が、昭和二十四年一月、フィリピンマニラ郊外の日本人収容所から、御遺骨三〇七柱と御遺体四五一五柱を積んで浦頭港に着きました。 御遺体は、この地で荼毘に付されその外、引揚の途中で亡くな…

休艦日その52 浦頭引揚記念平和公園・資料館 / 無窮洞 ———— 2017年 12月17日

浦頭引揚記念平和公園 浦頭引揚記念平和公園(うらがしらひきあげきねんへいわこうえん)は、長崎県佐世保市にある公園。 公園のある針尾島浦頭の地は、第二次世界大戦終結後、海外から日本国内に引揚げる日本人の受け入れ場所の一つとして厚生省佐世保引揚…

休艦日その51 軍艦摩耶之碑(兵庫県神戸市 忉利天上寺) ———— 2017年 11月11日

とう利天上寺 忉利天上寺(とうりてんじょうじ)は、兵庫県神戸市灘区摩耶山町にある仏教寺院。通称「天上寺」。宗派は高野山真言宗。摩耶夫人(釈迦生母)を本尊とする日本唯一の寺である。(wikipediaより) 軍艦摩耶之碑 軍艦摩耶は帝國海軍第二艦隊第四…

休艦日その50 「月光の夏」のピアノ(佐賀県鳥栖市 サンメッセ鳥栖) / 旧目達原飛行場正門跡 / 佐賀県護國神社 ———— 2017年 11月3日

月光の夏 『月光の夏』(げっこうのなつ)は、毛利恒之の小説。実話などを元に創作したドキュメンタリー・ノベルである。この作品をもとに、帰還特攻隊員の収容施設「振武寮」(しんぶりょう)の存在が明らかにされるようになった。 題名の「月光」とは、ル…

休艦日その49 追加の機雷(福岡県京都郡 宇原神社) / 山口県護國神社 / 防府天満宮 / 特攻艦隊留魂碑 ———— 2017年 10月9日

宇原神社 宇原神社(うはらじんじゃ)は、福岡県京都郡苅田町大字馬場411にある神社。。参拝すれば、御朱印を頂ける。社伝などによれば、彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊が苅田に上陸したので、後世その荒魂を祀ったのが当社の始まり。(神社と古事記より) 山口県護…

休艦日その48 針尾送信所 / 弓張岳展望台 ———— 2017年 10月8日

針尾送信所 針尾送信所(はりおそうしんじょ)は、長崎県佐世保市の針尾島にある海上保安庁の無線送信所である。 敷地内にある巨大な3本のコンクリート製の電波塔、針尾無線塔は大正時代より建つ自立式電波塔としては高さ・古さともに日本一である。「旧佐世…

休艦日その47 大牟田機雷三銃士(個人的名称) ———— 2017年 10月1日

機雷 機雷(きらい)とは、水中に設置されて艦船が接近、または接触したとき、自動または遠隔操作により爆発する水中兵器をいう。水中で人為的に仕掛けられる爆発装置のリムペットマインなどは含まない。機雷は機械水雷の略である。機雷に触れることを触雷(…

休艦日その46 名水ふれあい公園 / 大空ミュージアム&ヒストリーミュージアム ———— 2017年 9月24日

一〇式艦上偵察機 一〇式艦上偵察機(いちれいしき かんじょう ていさつき)とは三菱が開発し、1923年(大正12年)に制式採用された日本海軍の艦上偵察機である。機体略番は「C1M」。 1921年(大正10年)に三菱は国産艦上偵察機の開発に着手し、翌年1月に試…

第62隻目 軽巡洋艦・夕張(北海道夕張市 夕張神社) ———— 2017年 9月24日

夕張 (軽巡洋艦) 夕張(ゆうばり / ゆふばり)は、日本海軍の二等巡洋艦(軽巡洋艦)。 艦名は、夕張川(石狩川の支流)に由来する。 同型艦はない。 主砲、発射管を全て中心線上に配置し、2890トンの船体に5500トン型の軽巡洋艦と同等の砲備雷装を備え、速力も…

休艦日その45 札幌護国神社 ———— 2017年 9月23日

札幌護国神社 札幌護国神社、札幌護國神社 (さっぽろごこくじんじゃ)は、北海道札幌市中央区にある神社。護国神社の一つである。 1879年(明治12年)に、西南戦争で戦没した屯田兵の霊を祀るために建立され、以後各戦争における戦死者の霊を合祀してきたが…

休艦日その44 天草パールセンター ———— 2017年 9月10日

えー、夏イベは無事終了しました…乙で! 甲でラスダンまでは順調だったのですが、去年春に続いて自然回復まで燃料を使い果たして断念。期間はあったのですが、大事を取って乙クリアでございます。 今回のラストもアイオワ。低速戦艦が使えないと弱いなーうち…

休艦日その43 アレイからすこじま ———— 2017年 8月22日

現在地獄の真っ只中。なんだこのE7甲の難易度は…とりあえずあと3万程燃料を溶かしたら丙に切り替える予定です。 さっさと溶かして丙に行きたい気持ちが結構あるッス。 そんなこんなで呉のビジホで一泊。朝食を取って出撃準備・・・今回は時間指定のある催し…

休艦日その42 歴史の見える丘 ———— 2017年 8月22日

えー現在E7甲のラスダン一歩手前を曳航中。地獄がここにある。 暑い陽射しをコンビニで緩和し、向かうは夕方の公園・・・亀山神社からめっさ近いですが、バイクを停めるとこが無いので近くの路地に路駐して歩くことしばし。歴史の見える丘(公園)に到着で…

第61隻目 潜水艦・伊202(広島県呉市 亀山神社) ———— 2017年 8月22日

伊号第二百二潜水艦 1943-4戦時建造補充(○戦)計画潜高(大)型(一等)潜水艦4502号艦として43-4臨時軍事費により呉工廠で44.5/1起工9/2進水し呉鎮守府籍10/1艤装員事務所を設置45.2/11艤装員事務所を撤去/12(艦艇一覧表、日本海軍全艦艇史、昭和造船史、#469)or14(…

休艦日その41 軍艦利根資料館・利根公園 ———— 2017年 8月22日

イベントですが、無事にE6を甲で終了しました。 という訳で、この記事を書き終わったらE7甲のギミックへ突入予定。怖や怖や。 第一術科学校を後にして約20分程度、次は戦艦利根資料館へと向かいます。 天候は暑いを通り越して最早真夏。盆過ぎたのにこの暑さ…

休艦日その40 再び江田島 第一術科学校 ———— 2017年 8月22日

今回この時期に休みを取った理由・・・それは「第一術科学校の教育参考館の休みが第2、第4火曜日」だったからです! えーつまり教育参考館が休みの日は違うコースが見学できるのであり、そこに陸奥の第4主砲があると言うことで 無理して この時期に休みを…

休艦日その39 江田島八幡宮・古鷹神社(広島県呉市) ———— 2017年 8月22日

江田島八幡宮 天正年間(1573年~1593年)の創建とも伝えられるが、数千年以前から鎮座していたとも言われ、その詳細は不詳となっている。また、元和2年(1616年)2月6日に再興されたと記された棟札が残っている。明治21年には、当地に日本海軍兵学校が開校…